« 抗議 | トップページ | やっぱり »

存在感

先週買った、ノートパソコンの設定を明日行うことにした。(やっと!)

といっても自分では、挫折しそうなので、システムエンジニアの
義弟にお願いすることに。

でもここで、ひとつ問題が・・・

我が家のハリー王子、人見知りが激しくて来客には
めちゃくちゃほえる。
どんな状況になるかは、目に見えている。
かといって、1日中ハリーを抱っこしているわけにもいかない。

それでは、無料奉仕でパソのセットアップにきてもうらう
義弟に申し訳ないので、ハリーには今夜から
お泊りしてもらうことにしたのだ。
(ごめんね、ごめんねハリー)

わたしは、前々からの約束があって、今夜は帰宅が遅くなるのが
わかっていたので、いつものペットホテルに預けにいくのは、
相方にお願いした。

そして、午後11時ごろ帰宅。ドアをあけると、真っ暗。
ハリーを預けたあと、行きつけのすし屋で一杯やってる相方は
まだ帰ってきていない。

リビングの扉を開けるとき、
”あ、私が先か。ハリーが騒ぐから、そーっと、そーっと・・・と思いつつ、
明かりのスイッチを入れた。

次の瞬間・・・目に飛び込んできた”からっぽのケージ”。
”あっ!ハリーはお泊りでいないんだった!”

先に帰宅したほうは、そーっとリビングに入って、明かりをつけ
ハリーに”すわれ、まて、よし”をさせてからケージの外に出す。

これがいつのまにか当たり前になった、我が家の暗黙のルール。
当たり前すぎて、条件反射的に、”ハリーがびっくりしないように”と
”そーっと”入ってしまった。

ちょっぴり、お酒も飲んでいたけど、すっかり(預けたことを)
忘れてしまうほど、酔っ払っていたわけでもない。
条件反射としか言いようがないのだ。

今日は”おかえりー!”のピコピコしっぽが見れないのか・・・
そう思ったとたん、”ハリーのいない寂しさ”がどっとこみ上げて、
涙がでそうになった。(ほんとは、ちょっぴり泣いた。)

ハリーのいる生活が、こんなにも当たり前になってるんだ。
ちっちゃなハリーの、大きな存在感。

ハリー、寂しがってるよな。
わたしも寂しいよ。

明日は、なるべく早く迎えに行くからね。ごめんね。

|

« 抗議 | トップページ | やっぱり »

ペット」カテゴリの記事

コメント

パソは無事セットアップできた?
ハリー君の存在感、すんごくよく分かるよ。
小さいながらに絶大な存在感。
BEEが入院してる時も、たった4ヶ月しかうちにいなかったのに、すでに絶大だったよ。
いつも一緒にいるのが当たり前になってるから、ついついいつもと同じ行動をとってしまうよね。
今日はもう帰ってきてるのかしら?
たくさんスリスリしてあげてね。

ところで、オフ会のピックアップの件なんだけど、
yoshiさんが来られなくなってしまったので、
新横浜ぢゃなくても良くなったよ。
そうすると、どこが都合よいっすか?
ちなみにオフるところは横浜市青葉区です。
詳細は日記を見てね。

投稿: モヘ助 | 2005-06-26 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38371/4694460

この記事へのトラックバック一覧です: 存在感:

« 抗議 | トップページ | やっぱり »