« 初体験・・・怒涛の2リットル早飲み編 | トップページ | 前足ぴーん! »

初体験・・・神秘のインナースペース編

さてさて、第二部ですな。

あの、まっずーい洗浄水2リットルをクリアしたら、
いよいよ、未知の世界への扉が開きますぞ。
㌧㌧|扉|“o(・д・。)

(今回は、結構長文なり)

③診察着に着替える
すっかり腸の中のものを出し切って、グタッリしていると
(いやほんとに、ぐったりよ。朝飯抜きだからね)
看護士さん(♀)が、お着替えを持ってきてくれる。

あら、なんだかパジャマみたいね。
不織布でできた、ショートパンツと、ひざ丈のワンピース。

看:「こちらの更衣室で着替えてくださいね。」
ゆ:「あ、はーい。」

・・・ごそごそと更衣室で着替え開始。

『ん?んんん?こ、これは?パンツのお尻がぱっくり裂けてるぅ!』
きゃぁ~!お尻丸見えぇ!? 
キャー━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!!!!!!!
更衣室の外には、普通に外来の患者(♂)もいるのよぅ!!!

なーんて、でも大丈夫。この上からワンピース着ちゃうもんね。
お尻隠れちゃうもんね。よくできてるわ。

さあ、着替え完了。いつでも来いやー!
と意気込んでいると、またもや看護士さんに呼ばれる。
血圧を測り、既往症の有無などの問診。

そしてついに”内視鏡検査室”へ。

中はそれほど広くなく、さすがに医療機器だらけ。
先生は渋めのミドルエイジ。さらにさっきの看護士さんと
助手らしき若き男女の計4名がワタシの検査を担当。
『先生はしょうがないにしても、4人も必要なのぉ?多くない?』
と内心、クレーム。


④検査開始
診察台は、案外シンプルな簡易ベッド風。細長くて幅は狭い。
その台に、まず仰向けに寝かされて
”腸の動きを止める注射”を打たれる。ちょいと痛いけど、
ま、健康診断の採血と同じくらいの痛さ程度。

その後、横向きになり、膝を曲げて胎児のような姿勢に。
目の前に、26インチくらいのモニターが設置してある。
おお、これで自分の体内を探検するわけね。

『いよいよ麻酔かあ。やだなー、お尻に注射すんのかな?痛そー!』
と、どきどきしていると、先生が一言。
「はい、麻酔塗りながら触診しますよ~。」

(; ̄Д ̄)なんですと?

『へ?注射じゃないんだ。え?塗る?いやーん恥ずかしい~』
なんて、思う間もなく、麻酔と触診完了。先生、手際よすぎです。
先生:「うん。イボ○ではないですね。」
・・・はい、ありがとうございます。

しかし、麻酔が効いているという感覚がいまいちないんだよね。
ほんとに、麻酔なの?って感じ。

そして、じゃーん内視鏡の登場です。
って、あれ?もう大腸の中が映ってる。麻酔、効いてるのね。

初めて見る自分の大腸の中。画像は思いのほか鮮明で、
うすいピンク色に、毛細血管が網目模様のように走っているのが
はっきりとわかる。
もっともっと、グロテスクな状態を想像していたので、案外キレイ。

そうそう、悪い細胞なんてあったら大変よね。
先生が見落としたときに備えて(失礼な患者)、
ワタシもしっかり観察しておかなきゃ。

先生いわく、人間の大腸の長さは約1.5m。
内視鏡は、どんどん入っていき、またたく間に小腸との境目に到達。
(と、いっても自分じゃよくわからなかったけど)

途中、大腸の曲がり角(カーブ)のあたりは、押されるような
鈍い痛みがあったけど、そこを過ぎてしまえば、ほとんど痛みもない。
約1.5m入ったところから、今度はゆっくりと診察しながら、
戻ってくる。

目の前に広がる、ピンク色のつるんとしたトンネル。
昔見た、NHKスペシャル「驚異の小宇宙”人体”」を思い出した。
(頭の中では、テーマ曲も流れ出した~♪)

たぶん、検査中の姿は、「結構はずかしくて笑える格好」なんだけど、
そんなことより、ワタシはモニターに釘付け。
『すごー。これが、自分の腸の中だよ。案外キレイだよぅ。』

しかーし!感動していると途中で、血がにじんでいるのを発見!
えええ???血ぃ? ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
先生:「今日は、洗浄して無理に下痢の状態にしたから
ちょっと炎症起こしてますね。大丈夫、洗っておきましょう。」

といったら、内視鏡の先から、水がじょーって出て、きれいに
血を洗い流してくれる。

『おお。まさにインナースペースですな!』

そんなこんなで、検査終了。
ワタシのご腸内には、悪い細胞さんは住んでいませんでした。
でも、なんで鮮血反応がでたのか?
結論:切れ○だった(過去形)ことが判明。(汗)
デスクワークの多い方は、特に冬場気をつけましょう。

さて、無事検査は終わったが、例の注射のせいで
体がなんだか、ふわーっとしてふらつき、足元が危ない。
これは、いたしかたないのだそう。で、足元がしっかりするまで
看護士さんの部屋(ナースステーション?)で休ませてもらった。
(ちゃんと、休憩用の一人がけソファがあり、周りにカーテンまで
つけられている。結構ふらつく人が多いんだな、きっと)

20分ほど休憩して、会計を済ませ、病院をあとにする。
来院して会計までが2時間強。
ちなみに、検査費用は7000円。思ったより安いかな?
これで、ポリープの切除なんてしたら、3万くらいかかるらしいが。

ちょうど、病院のはす向かいに”スタ○”があったので、
遅めの朝食をとることに。

が・・・クロワッサンを二口食べて、
紅茶(コーヒーはやめておいた)を飲んだとたん、
気持ち悪くなってしまい・・・
10分ほど”スタ○”のトイレにこもり・・・

よろよろと店を出て、即効タクシーで帰宅。
幸い家からも、そう遠くない病院だったからよかった。

教訓1:内視鏡検査は、自宅近くの病院で受けましょう
教訓2:検査後は、十分に、病院で休ませてもらいましょう
教訓3:洗浄水が飲めれば、検査は8割がた終わったも同じ


めったにできない経験ゆえ、人様の参考にでもなればと、
恥をしのんでのアップです。
あぁ、嫁入り後でよかったぜい。

長い文章におつきあいくださいまして、ありがとうございまする。

|

« 初体験・・・怒涛の2リットル早飲み編 | トップページ | 前足ぴーん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなの、ほんと刺激的な体験だったわ。
次は、胃カメラ狙ってみようかしらん♪


はっ!Σ(゜ロ゜;)!!

ゆうちゃん、みんなひいてるよぅ~。

投稿: ゆき | 2005-07-08 23:48

パンツはいたのに、お尻丸見え????
うお~萌え萌え~~~!
(あぁ、また婚期遠のいた?)

実際切れ○疑惑だけだったのに、
ゆきさんたら、随分激的体験しちゃったのねん♪

いつか私もトキメキインナースペース体験
する時が来たら、萌え話報告しますね♪
(なんか勘違いしてるらすぃ)

投稿: ゆう | 2005-07-08 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38371/4874131

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験・・・神秘のインナースペース編:

« 初体験・・・怒涛の2リットル早飲み編 | トップページ | 前足ぴーん! »