« 2007年7月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

外部記憶と理想の嫁

えーと。
約3ヶ月ぶりの更新です。

なんかあっとゆーまの3ヶ月・・・

ち、違ーう!?
4ヶ月ぶりやんか!!!
全く、こんな怠惰なブログでも、たまにきてくださる方がいる。
ほんと、ありがたいことです。(-人-)オガンジャオ

それにしても・・・ひとつの季節まるまる休業、秋休み?
休みすぎじゃね?でも休んでたわけじゃないんだよ?
忙しかったんだよぉ(号泣)。


さて、4ヶ月もの間、ワタシが何をしていたのか。

実は自分でも記憶があいまいで、はっきりとは思い出せません(爆)
最近、本当にもの覚えが悪くて、それに反比例するかのように(あたりまえか)
もの忘れが激しいのだ。

しょうがないので、仕事で”絶対忘れちゃいけない予定”は
外部記憶装置=人の脳みそ を使うことにしています。
それは、御歳26歳の、アシスタントKちゃん。
若いのに気が利くし、誠実ないいこです。
ワタシが「これよろしくね」って、
言ったことすら忘れてしまったことも(←最低だな)
きちんと覚えていて、遂行。
一度教えたことは、絶対に忘れないし、
2回目からは完璧にこなします。

最近一人暮らしをはじめたKちゃん、ときどき弁当も作ってきています。
仕事だけじゃない、家庭的な一面もあり。
きっちり仕事はするけど、見た目はほんわかしたタイプで、
ときどき鼻歌歌いながら仕事してるんだな。
本人は無意識で歌ってるらしい。
仕事中、Kちゃんの鼻歌で、肩の力が抜けて癒されるワタシ。


ワタシが男で、あと10も若かったら、絶対嫁にするね。


Kちゃんは、ワタシの右腕どころか、右半身くらい重要です。
彼女を失ったら半身不随で仕事ができません。
仕事の上では、ほんとワタシの「嫁」です。
いえ、本人にはそんな(セクハラまがいな)ことは
絶対に言いませんけどね、はい。

あー、プライベートでもKちゃんみたいな嫁が欲しいなぁ・・・
とぼやく、「長男の嫁=ワタシ」

やっぱ、前世は絶対「男」だったと思うんだな、自分。
それも結構「絶対君主的」「家父長制度絶対」みたいな?

だから、
「今生では、女ゆえの理不尽を身にしみて、生きなさい」
「そうね長男の嫁がいいかもね」的な。
   ↑誰の意思なんだ?神?

あ、空白の4ヶ月間の中身は、また自戒、じゃなくて次回に♪
                                ↑
                               いつだ?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年12月 »